So-net無料ブログ作成
検索選択

クロマグロ取引禁止提案 [転職]

欧州連合(EU)の加盟27か国は21日、大西洋と地中海に生息する最高級マグロ、クロマグロ(本マグロ)の国際取引を一時禁止するというモナコの提案を支持しない方針を決めた。

 EUの執行機関である欧州委員会は先に、モナコの提案を支持する方針案を発表し、21日に各国に提示したが、イタリアなどの地中海諸国が強く反対したとみられる。今後のEU各国間の意見調整は難航しそうで、規制を決める今後の国際会議の行方にも影響を与える可能性がある。

 モナコは来年3月に開かれるワシントン条約の締約国会議で、クロマグロを同条約に基づく「絶滅の恐れがある生物」に指定し、商業取引を規制するよう提案する方針だ。クロマグロの取引を規制するには、締約国会議で全投票数の3分の2以上の賛成が必要となる。規制が実施されれば、すしや刺し身などに使われるクロマグロの価格が急騰する可能性がある。

読売新聞

養殖技術を進化させれば解決しないかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。