So-net無料ブログ作成

鹿児島沖に「アジの竜巻」 [転職]

竜巻のような群れになって岸近くを回遊するギンガメアジ。鹿児島県・沖永良部島の沿岸で、冬場になると「ギンガメトルネード」と呼ばれる現象がみられている。島の南東部の水深10メートルから20メートルに、体長60センチほどのギンガメアジが、多いときには千匹以上の群れをつくる。同島でダイビングショップを営む河本起世久さん(60)によると、ダイバーの人気の的になっていて、9割以上の確率で見ることができるという。

asahi.com

冬の海もきれいなんだね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。