So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎空港、不発弾処理で欠航や振り替え [転職]

宮崎空港(宮崎市)に近い工事現場で陸上自衛隊が8日午前、先月下旬に見つかった不発弾の回収作業を行い、同空港の発着が一時規制された。

 作業は、当初見込みの約1時間から大幅に遅れて約2時間45分後に終わったが、日本航空の遅延運航を予定していた2便が欠航、2便が臨時便への振り替えとなった。全日空は1便が欠航、2便が目的地を鹿児島空港に変更し、オリエンタルエアブリッジも2便が欠航した。ほかにも数便に遅れが生じた。

 作業では、現場から半径400メートル以内の住民約1700人に避難を勧告し、陸自が信管を除去して回収。空港西端が避難区域にかかるため、発着規制をすることになった。

 不発弾は、太平洋戦争中に米軍が使った250キロ爆弾(直径約35センチ、長さ約120センチ)。先月24日、同市本郷北方のガソリンスタンド拡張工事中に見つかり、重機が接触したため安全確認の期間を置いた。(共同)

日刊スポーツ

不発弾ってまだまだありそうだよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。